生きる

毎日を生きがいに生きていく

生きる
今が楽しくなければしかたがないという話は実はさまざまな書籍から読み取ることができます。
それは自己啓発の書籍だったりはたまた芸能人のエッセイなどなど。
しかし人がそのような考えを定着させるのは難しく、そういった考えを定着させた人はもはや成功者といってもよいでしょう!
そう、人はみな幸せになりたいのです。
そのために働いたりあらゆることを頑張り行動するわけです。
しかしいくら行動しても報われないんあんて思う人もいるでしょう?
それはなぜでしょうか?原因には実にさまざまなものがあります。
それ知るためにもあなたはさまざまな知識を得る必要があります。しかし人の気持ちとは一瞬でガラチと変わるもの。
いつどの瞬間に変わるかなどは分からないのです。
分かりたいといってもそれは神のみぞ知るところというわけです。
しかし提案はいくつかできます。
その提案の1つとはまずは足りるを知るということです。
足りることを知らなければ幸せには遠い存在となってしまいます。
たとえば子供が生まれたとします。その子が元気に生まれただけであなたは無常の喜びを感じることができます。
手があり足がある、5対満足で生まれたことに幸せを感じるのです。
しかし成長するにつれその考えは変わります。
泣き止んでほしい。わがままを言わないで、面倒だ、はやくおむつとれないの?そういった具合にどんどん欲は増えてきます
人生を有益なものにする1つのコツは足りるを知るということです。