ヨーグルトにハマり,ヨーグルトの特売を探す連日だ。

ヨーグルトにハマり,ヨーグルトの特売を探す連日だ。
最近,ギリシャヨーグルトという,一般的なヨーグルトよりも水分が速くコッテリヨーグルトが人気となっているようです。こういうギリシャヨーグルトはレアチーズもののコッテリ舌触りで旨い前述,低カロリー(低脂肪)かつたんぱく質が豊富に留まることも魅力です。

予めチーズスイーツが好きな我々には,大ヒットしたギリシャヨーグルトですが,残念ながら単価が大きい…食べきりサイズ(100g弱)で140円ほどと連日召し上がるには結構贅沢ですし,いっそ一層食べたい!ので,家庭でも再現できないかとホームページ等で調べてみました。

すると,「水切りヨーグルト」のレシピという報告が更にあり,どうやら前述のギリシャヨーグルトといった水切りヨーグルトはおんなじ商品らしきことが判明。 ぱっぱと,400gほど入りで売られているプレーンヨーグルトを買ってきて,水切りヨーグルト誕生に挑戦しました。

レシピはすこぶる簡単で,キッチン紙等の上にヨーグルトを広げ,ヨーグルトから出る水分用のボウル等を下に置いた状態で冷蔵庫でゼロ夜ほどねかせれば形成だ。

(私の場合は,ヨーグルトの入れ物の口にダイレクト,輪ゴムでキッチン紙を既存講じる,というズボラな手法ですが。) 出来上がりは,もちろん市販のギリシャヨーグルトに比べると水分がある程度居残る感じはしましたが,一般的なヨーグルトに比べるととてもコッテリ出来栄えでした。

効率の高さも考慮すると,水切りヨーグルトを手作りするほうが断然可愛い!ので,せっせとヨーグルトの水切りをしている今日この頃だ。 ただ,美味しすぎて400gほど入ったカリキュラムを一日で完食できそうなので,カロリー外套が心配です。